いにしえの傍聴記録:首都圏連続不審死事件31 被告人とホテルに泊まった後に救急車で運ばれた安藤さん | 高橋ユキの事件簿 # 161

いにしえの傍聴記録(木嶋佳苗 さいたま地裁 31)
高橋ユキ 2022.07.31
有料限定

こんにちは。あっというまに8月ですね!

***

いにしえの傍聴記録

2012年傍聴 さいたま地裁 首都圏連続不審死事件公判 31

※無断転載は厳禁です 参考にされたい方は個別に連絡ください
※無断転載防止の観点から一部情報を伏せたり割愛している箇所があります

***

過去の記事

検察側3日目です。

***

【2012年3月1日 第30回公判 検察側からの被告人質問3日目】

被告人名:木嶋佳苗

罪名:詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人

 交際していた男性を練炭自殺に見せかけて次々に殺害したという3件の殺人罪、婚活サイトで出会った男性から金銭をだまし取った、またはその未遂として6件の詐欺・詐欺未遂罪、詐欺被害者の男性の財布から5万円を抜き取ったという1件の窃盗罪で起訴されている。

 被告人は全ての殺人について否認しており犯人ではないと主張していた。

Kさん+Mさん=詐欺の被害者
SSさん+KZさん=詐欺未遂の被害者
SYさん=彼氏

 この日は安藤さん事件について。被告人の怪しい行動をとことん追求。弁護側被告人質問では可愛らしい声で答えていた被告人だったが、この日は時折ドスのきいたような声で答えていた。

○被告人の服装:グレーのカーディガン、バーバリーチェックのカットソー。チノパン。

***

安藤さんとの交際について引き続き。平成20年6月30日、2人は舞浜のユーラシアスパ&リゾートに宿泊。安藤さんはこれを楽しみにしていたという

ー一緒の部屋に泊まったんですか?

「……眠ってはいません」

ーこのあとあなた、安藤さんからお金をもらっていますね?

「30万円頂いた事は覚えています、日にちは分かりません」

ー口座を示します。7月11日、30万の振込。一緒に泊まった10日後?

「……はい」

ー弁護人からの質問にはあなた『生活費が足りないと伝えたところ、こうなった』と言っていますが間違いないですか?学費名目ではなかったんですか?

「学費ではありません」

ー返せという趣旨のメール、受け取っていますね?

「いちどそういうメールを受け取った事はあります」

ー示します。平成21年3月23日、安藤さんから被告人に。『苦しい時の援助は納得ずくですが、借り入れは木嶋さんの借金です。他人の借金に利子を付けて返す理由はどこにもありませんからね』『お返事次第では30万について法務手続きに入ります。そうすると学校学校って言えなくなるのでは。一体何の学校なの?』こういうメールでしたね?

「30万は学費と関係ないお金です」

ー安藤さんはなぜこのようなメールを送ってきたんですか?

「あとから尋ねました」

ーこのときなぜ安藤さんはこのようなメールを送ってきたんですか?

「………………寂しかったんだと思います。怒りに任せて書いてしまったといっていたので……」

ーなぜ、寂しさがつのり学費の事をメールに書くんですか?

「全く話した事がなかったので知りたかったのだと思います」

ー安藤さんのメール『一体何の学校なの?』とありますが、この30万は学校のためのお金だとあなたが言ったからではないんですか?

「(即答)それは違います!家賃という意味です。『司法の手にかかれば家賃の件も……』こっちにかかっています」

ー安藤さんは30万をあなたが学費に充てたか聞いているんじゃないですか?

「(即答)それは違います!」

ー安藤さんは怒りに任せて事実と違う事を?

「そういう意味ではありません。学校に通う話は言っていました。コルドンブルーのことです」

ー水掛け論になりますのでこの辺で。6月に50万、7月に30万。6月には学費という嘘をついてお金を入手したんですか?

「はい」

ー返さないといけないとは?

「思いません。お手伝いの対価として頂いたからです」

ー常人の感覚として理解できないんですが、手伝っていればだまし取っていいの?

「安藤さんは学費の事とか尋ねてこなかったので……」

ー聞いている事に答えて下さい。だまし取っていいと思っていたんですか?

「だまし取るという感覚はありません」

ー嘘をついてお金を入手してもいいと?

「思っていません」

ー返さなくていいと思っていたんですか?

「返してほしいと言われれば返します」

ー催促されるまで返さなくていいと?

「当時はそう思っていました」

ーなぜ?

「分かりません。私がしてさしあげることで、相手が満足なさっているなら受け取ってもいいと思っていました」

ー対価として受け取ったものなら売春とかでも構わないのかもしれませんが、でもこれ、嘘で入手したんでしょ?

(弁護人から異議。棄却。改めて問い)

ーあなた、安藤さんになにかやってあげた対価として少なくとも50万、受け取った訳じゃないんでしょ?嘘ついて受け取ったんでしょ?

「はい」

ーで、バレたとしても返さなくていいと?

「返せと言われれば返します」

ーその価値観はなぜ生まれたんですか?

「分かりません」

ーいつからそういう価値観になったんですか?

「昔からです」

ー嘘をついてお金をだましとっても、悪いと思っていない。そういう認識が生まれたのはいつですか?

この記事は有料読者限定です

続きは、5210文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・事件報道の読み解き
・ここだけの傍聴記録、受刑者の手記
・紙媒体に過去掲載された取材記事
コロナ融資詐取事件 気になる寝屋川市議 | 高橋ユキの事件簿 #165...
読者限定
いにしえの傍聴記録:首都圏連続不審死事件32 | 高橋ユキの事件簿 #...
有料限定
あの記事のB面 「マスク美人」が交際していた税理士「刺殺」事件の実態 ...
有料限定
番外編 夏なので…北海道のニュース | 高橋ユキの事件簿 #162
読者限定
性的な目的で起こした事件から | 高橋ユキの事件簿 #160
有料限定
安倍元首相銃撃事件 | 高橋ユキの事件簿 #159
読者限定
いにしえの傍聴記録:首都圏連続不審死事件30 不特定多数の男性からの振...
有料限定
性暴力裁判を記事にするときの葛藤 | 高橋ユキの事件簿 #157
有料限定