いにしえの傍聴記録 尼崎事件12 それは美代子が決めることなんで | 高橋ユキの事件簿 #227

尼崎事件12
高橋ユキ 2023.01.22
有料限定

こんにちは〜

先週あたりから裁判員裁判が立て込んでいて、来週も週2の配信になるかもしれないです。

***

いにしえの傍聴記録

2013〜2015年傍聴 神戸地裁 尼崎事件12

※無断転載は厳禁です 参考にされたい方は個別に連絡ください
※無断転載防止の観点から一部情報を伏せたり割愛している箇所があります

茉莉子さんの夫 仲島康司公判 概要

複数の家族を取り込み、追い込み、最後は互いに暴力を振るうように仕向け、何人もを死なせたという尼崎事件。全ての首謀者として逮捕された角田美代子は警察署で自殺しましたが、彼女が周囲のいろんな人を徐々に自分の「ファミリー」に取り込んでいって、意のままに操り、ファミリーのなかで用無しと判断された人などを仲間に殺させたりして、その遺体をどこかに遺棄したりする……みたいなことが長年、繰り返されてきました。

いま書いている仲島康司は、被害者の一人である、茉莉子さんという方の夫だった人です。ただこの結婚は美代子によって決められたものでした。

事件説明のニュースレターを貼っておきます。

直近のものも。

***

概要

被告人:仲島康司(44)年齢は公判当時

彼は茉莉子さんのお母さん(皆吉初代さん)、そしてファミリー入りのきっかけになった橋本次郎さん、そして茉莉子さん、3人が亡くなった事件に関わっています。

傍聴したのは2015年2月。私が傍聴した日はたまたま、茉莉子さん事件についての検察側被告人質問でした。

***

前回までのおさらい

借金を肩代わりしてやると言われ美代子ファミリー入りした仲島。言われるがまま茉莉子さんと結婚する。茉莉子さんはファミリー内で暴力のターゲットになっており、仲島は何度か、茉莉子さんを連れて脱走したがそのたび見つかって戻された。尼崎のマンションのベランダに設置されていた物置に夫婦とも押し込められ生活する。監視カメラで行動を見張られ、互いに暴力を振るったりなじったりするよう仕向けられていた。美代子に煽られるまま、他のファミリーとともに茉莉子さんに暴力を振るう日々が続く。仲島は美代子の許しを得て、物置からリビング暮らしに戻ることができたが、茉莉子さんは残され、虐待が続いた。ひとりの物置に安藤みつゑさんも暮らすようになり、茉莉子さんよりも先に死ぬ。

物置で虐待を受け続ける茉莉子さん

ー安藤さんが亡くなり、遺体を出すために物置に入った時、茉莉子さんは中でどんな様子でしたか?

「びっくりすることもなしに、体育座りをして、僕が入ると振り向きました。奥の方を向いて体育座りをしていました」

この記事は有料読者限定です

続きは、3689文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・事件報道の読み解き
・ここだけの傍聴記録、受刑者の手記
・紙媒体に過去掲載された取材記事