南アフリカ逃亡の被告人 | 高橋ユキの事件簿 #228

今週のニュースふりかえり
高橋ユキ 2023.01.24
読者限定

こんにちは〜

最近のニュースレターは、こんな感じでお届けしています。
 火曜:ニュース振り返り
 金曜:謎企画記事orいろんな考察
 日曜:いにしえの傍聴記録 現在は尼崎事件

有料レターは最近こんなかんじです。尼崎事件は初めて自分でも当時のメモから文字起こししているので、いろんなことを思い出しています。

登録は↑のボタンからできます

***

今週の事件簿

博多の件などいろいろとありますし、たぶんそちらを整理した方がいいのでしょうが……。いま、また裁判所が忙しくて、とくに先日から始まった裁判員裁判のことが頭のかなりの割合を占めており……そちらを整理させてください。

奥多摩バラバラ殺人事件です。

〈2003年に東京・奥多摩町で切断された男性の遺体が見つかった事件で、南アフリカに逃亡し、17年後に逮捕・起訴された男の初公判が開かれ、男は遺体を遺棄したことなどは認めたものの「殺すつもりはなかった」と殺人罪は否認しました。〉

古い事件なのですが、紙谷は事件直後から南アフリカに逃亡していました。他にも何人か一緒に逃げていたんですが、2人の女性が先に戻り、もうひとり、主犯は南アフリカで自殺しています。

自分は登場人物の多い事件をつい傍聴してしまう傾向があります。彼らの関係性に注目しがちです。しかも彼は逃げていましたから、なおさら気になります。

ちなみに、紙谷が起訴されているのは殺人のほか監禁、死体損壊、死体遺棄です。で、昨年末にさいたま地裁で傍聴していたこちら↓の裁判は、2016年の事件についてだったのですが、こちらは殺人罪のみの起訴でした。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4661文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・事件報道の読み解き
・ここだけの傍聴記録、受刑者の手記
・紙媒体に過去掲載された取材記事