自分の子に性的な目を向ける親の共通項 | 高橋ユキの事件簿 #108

たまにはこんなことを振り返ります
高橋ユキ 2022.03.24
有料限定

こんにちは〜

 先日のニュースレターではアンケートにお答えいただきありがとうございました!

 有料会員さん限定のオンラインイベントはいつがいい?という質問、いがいと丑三つ時という回答もありましたが笑 ダントツで「土曜の夜」でした。これですすめます。

 また今後もたまにスペースをやってみたいと思っていて、そのときは先に有料レターで時間もしっかり告知できればと思っています。前回はギリギリすぎましたよね。すみません(とまた謝る)

***

ふりかえりタイム

サムネイルはいずれ替えます〜
サムネイルはいずれ替えます〜

自分の子に性的な目を向ける親の特徴

 平成29年の刑法改正で監護者性交等罪、監護者わいせつ罪が制定されました。これまで大きな括りで「強姦罪」がありましたが色々と細分化されたり中身が変わったりしたことの流れのひとつです。これまで強姦罪が成立するためには「暴行や脅迫」が認められなければなりませんでした。また被害者がお酒や薬を飲まされたりして「抗拒不能」状態となっていれば「準強姦罪」と(この場合暴行や脅迫はなくても罪になる)、このふたつぐらい……だったんですが色々変わりました。

 親とされる(ざっくりいうとその人間の面倒をみてる)人による性暴力というのは暴行や脅迫がない場合がありますね。圧倒的な立場の違いがあり、それがあるからこそ暴行や脅迫がなくても子は逆らえない状態となる。だからなかなか「強姦罪」の認定にいたらなかった。ですがそうした親による行為が「監護者性交等」や「監護者わいせつ」として罪になるようになった。ざっくり説明すればそんな流れです。

 そんな流れで刑法改正後に起訴されて裁判所でみかけるようになった「監護者性交等」「監護者わいせつ」を、けっこう自分なりに頑張って傍聴してきました。ものすごい大変でした。ここからは完全な主観ですが、見ていて「この人もかぁ」と思うような共通項があるので、それを振り返ってみます。何度か記事にもしましたが、改めて……。

この記事は有料読者限定です

続きは、2282文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・事件報道の読み解き
・ここだけの傍聴記録、受刑者の手記
・紙媒体に過去掲載された取材記事
昨年9月発生 長野・塩尻市 県議の妻殺害事件 | 高橋ユキの事件簿 #...
読者限定
いにしえの傍聴記録 尼崎事件06 ホントに体調悪い人が牛丼大盛り食べれ...
有料限定
息抜きの回(新潟の米 / 最近見たドキュメンタリー) | 高橋ユキの事...
有料限定
ドラム缶を愛知から青森へ…情報提供により2015年の事件が | 高橋ユ...
読者限定
いにしえの傍聴記録 尼崎事件05 『夜、気ぃつけて歩きや。警察は24時...
有料限定
栃木・防犯カメラの配線を切り、同僚の車のブレーキホースを切断疑い | ...
読者限定
いにしえの傍聴記録 尼崎事件04 自分の人間性を否定され「自分が悪い」...
有料限定
没ネタ発表大会 その4 10代の女子ふたりを殺害した男の本性は | 高...
有料限定